テレビを見ない生活を続けるコツは?テレビを見ない生活=全く見ないではない!

ブラキです!

ミニマリストに感化されてテレビを見ない生活を始めるぞ!

と意気込んだはいいものの

なんだか寂しい・・・
ちょっとだけ・・・ちょっとだけ・・・

と気付いたら毎日ダラダラとテレビを見てる生活に戻ってた!

なんて人、少なくないと思います(実際に僕も経験あります)

そこで今回は、テレビを見ない生活を続けるコツを紹介します!

テレビを見ない生活=全く見ないではない!

今までテレビを毎日見ていた人がいきなり全く見なくなるというのはかなり難しい、というよりテレビを捨てない以上ほぼ不可能だと思います

ではどうするのか

テレビを全く見ないと考えるのではなく
つまらない番組を全く見ないと考えるようにしましょう

つまり、面白かったり、気になる番組だけ見ようぜ!ということです

最近のテレビは面白くない!オワコン!
これからはYouTubeやネット番組の時代!

という意見も多くあると思います

これはなぜ言われるようになったのかを考えると

YouTubeやネット番組を見る時って
「これ面白そう!」と、自発的、能動的に見ているからだと思うんですよね
さらに面白くないところは飛ばせたりしますよね

それに比べてテレビって、家にいる時は垂れ流し。ダラダラと受け身の姿勢で見ることが多いと思います
たまに面白いと思う番組があっても、どうでもいい、つまらない番組に多くの時間を支配されてしまうからテレビ自体が面白くないと思ってしまうと思うんですよね

言うなれば、テレビの見方が下手くそだということです

ではどうすればいいのか

とっても簡単です。普段皆さんがYouTubeやネット番組を見てる時に使っている手法をそのままテレビに使えば良いだけです

つまり、気になるドラマやバラエティ番組は録画し、どうでもいい番組は見ないようにするだけです

そうすればダラダラとテレビを見ていた無駄な時間は無くなり、有意義に使える時間が増えますよね
さらにテレビを基本的に録画で見るようにすれば、自分の見たいときに見ることができ、CMやつまらない部分を飛ばすことができます

そもそもテレビってリアルタイムで見る必要がないんです
リアルタイムで見る必要があるテレビって実はほとんどなく、スポーツくらいしかないんですよね

いや、まったくテレビを見ない生活にしたいんや!っていう人は?

今すぐそのテレビを捨てろ!!!!!!

まとめ

テレビを見ない生活は必ずしも全くテレビを見ないというわけではありません

全く見ないとなると、流行や災害などのニュース情報を得ることが難しくなりますからね
さらに友達が遊びに来た時にテレビがないのは普通に寂しいです

全く見ない生活をしたいのならテレビは必要ないので捨てましょう

面白い番組は普通にあります。上手にテレビを見ていきたいですね

それじゃあ終わり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です