限界集落出身の僕が語る、子供のための田舎暮らしのメリットとデメリットは?安易な移住はやめとくべき

最近ブロガーをはじめとするフリーランスさんたちの中で
家賃の高い都会から家賃の安い田舎へと移住し、そこでのびのびと活動する方が増えてきていると思います

確かに都会の家賃って高い・・・

同じ6万円払っても東京と田舎なら住める部屋の広さが全く違います・・・

パソコン一つで稼げる人ならわざわざ高い家賃を払ってまで都会に住む必要がないですよね
それなら家賃のめちゃくちゃ安い田舎に移住して固定費を押さえてお金を稼ごうとするのは当たり前です

でもそれ、安易に田舎へと移住を決めちゃって大丈夫?
自分のことしか考えてないんじゃない?
子供のこと本当に考えてる?

と、限界集落出身の僕はいつも思います

コンビニまで車で1時間かかったり、小学校の同級生は3人しかいないくらい、本当の本当に田舎です

ちなみに卒業した小学校はもう無くなりました

さすがに何の情報もなく田舎へと引っ越す方は少ないと思います

そこで今回は僕が生まれてから中学3年生まで田舎で育った経験を基に

  • 田舎へと移住しようと思ってる
  • さらに子供もそこで育てる

という方に向けて

子供の教育の観点から田舎暮らしのメリットとデメリットを書いていきたいと思います

ちなみに今回は田舎は家賃が安い!などのありきたりなメリットは省いてます
ですのでどうしてもデメリットの方が多くなってしまいました・・・

しかし、特に子供を田舎で育てようとしている方に向けて
僕が田舎で育ち、大人になってから得したことや損したことも書いているので少しでも参考になれば嬉しいです

田舎暮らしのメリット

まずはメリットから!

自然にたくさん触れることができる

これは田舎暮らしの醍醐味ではないでしょうかね

川で泳いだり釣りをしたり、自然の中で育つことはもちろんのこと

夜は星がとてもきれいに見えたりと、都会では経験することができないことが毎日できます

さらに生き物にも詳しくなります。僕はそれがきっかけで生物が好きになり理系に進みました

田舎にしかいない生き物もたくさんいますよ!カワセミとか!

僕は子供の頃は良さに気付いていませんでした。

しかし大人になってから気付けばキャンプ好きになってたり、その辺に生えている植物の名前が言えたりと

色々な経験をしてきたからこそ人生の幅が広がった気がします

都会で暮らす現在でも、田舎暮らしをしておいて良かったなと思える瞬間がたくさんあります

成功体験をたくさん積める

小学校、中学校と少ない人口の中で暮らしてくると、何かしらの分野でトップになったり成功したりと、スポットライトを当てられる瞬間がきます

全校生徒の多い学校だとこのような経験はあまりできないのではないでしょうか

人が少ない学校だからこそ、一人ひとりが主人公になれる瞬間が訪れやすくなります。

現に僕も褒められることが多かったです(おかげで怒られるのは苦手です)

大きなメリットはこれくらいでしょうか

田舎暮らしのデメリット

次はデメリットです!

世間の流行りについていけない

僕の住んでいた県では民放が3局しか放送されていませんでした
ですのでテレビからの情報や面白い流行りについていけません
しかしこれは周りの友達みんなも遅れているので気にはなりませんでしたね(笑)

習い事を習いにくい

僕は車で1時間半ほどかけてピアノを習っていました
市内まで遠いのでなかなか子供に習い事をさせてあげれません

ピアノはまだしも、スポーツですと毎日通うことが多いと思います
正直、僕はサッカーをしたかったのですが、毎日車で1時間半もかけて通うのは現実的ではないですよね
もし市内に家があればできたんだろうなと思うと、田舎は損だなと感じてしまいます

公共の乗り物の乗り方がわからない

これは結構困りました。笑い事じゃないです!

高校生になってからは市内の高校へと寮生活をしていた僕ですが、練習試合で他校に向かう時、電車の乗り方がわからず友達に笑われるという恥ずかしい経験をしました

だって切符なんて買ったことありませんからね!

僕は失敗をネタにできるタイプですので気になりませんでしたが、田舎暮らしの子供には公共の乗り物の乗り方を教えておきましょう(特に乗り換え)

ちなみに僕は就活で初めて新幹線に乗りました(笑)
今でも飛行機の乗り方はわかりません(笑)

教育にお金がかかる

冒頭で述べている、生まれてから中学3年生まで田舎暮らしというのは、高校で市内の高校に入学し、寮生活をしたからです

僕の住んでいた田舎の高校には一つしか高校は無く、その高校はそこまで偏差値が高くなかったので僕は市内の高校へと進学しました

田舎ですので公共の交通手段はほとんどありませんし、あっても片道1時間半かかるバスが数本程度
当然自宅から通うのは不可能だったので入寮するしかありませんでした

さらに田舎の県ですと公立よりも私立高校の方が賢かったりします(僕も私立の高校でした)
子供が私立高校に進学、さらに寮生活なんてすればかなりのお金がかかると思います

親に感謝しなきゃ・・・

こういうところは盲点だと思うので気を付けるべきです
せっかく家賃の安い田舎に暮らしても子供の教育費で結局お金がたくさんかかってしまったなんてことになってしまいます

まとめ

メリット、デメリット共に子供の教育の観点から述べました

自分一人だけで見るならば田舎への移住はコストも下がり有益かもしれません
しかし結婚し、子供を田舎で育てるのであれば、それなりに考え計画しないと逆にお金がかかってしまうということになりかねません

僕ほどの限界集落ではなくとも、市内へとアクセスのしやすい田舎は存在します
もし田舎へと移住を考えているならば、事前に入念にリサーチし、コストを抑えられ、田舎過ぎない土地へと移住することをおすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です