学歴コンプレックスは学歴ロンダリングで解消されるの?経験者は語る

タイトルにある
学歴コンプレックスが学歴ロンダリングで解消されるの?

ですが、
じれったいことは嫌いなので冒頭でぶっちゃけます

解消されません!!!

はい!この記事終わり!解散!

としたいところですが
厳密には人によるとしか言いようがありません
ですので詳しく書いていきます
この記事は

学歴コンプレックスに悩まされている
学歴コンプレックスからの学歴ロンダリングを考えている
学歴ロンダリングで学歴コンプレックスを解消したい

という方に向けて書いていきます

学歴コンプレックスで人はなぜ悩むのか

学歴コンプレックス、なぜこんなものが生まれてしまうのかというと、やはり現代の日本は学歴至上主義的なところがいまだにあるからでしょう

良い大学に行けばそれだけで周り(友人・親戚など)からの評価も変わる
就職活動に有利に働く
企業によっては学閥などもあり昇級に関わってくる

などなど、より良い学歴を手に入れるとそれだけで人生において有利に働くことが多いのが我が国日本です

さらに学歴コンプレックスを抱える人の多くに、進学校出身の方が多いと思います
というのも、進学校出身であれば周りの同級生の学歴が高い問題というものが発生します
そのため自分と高学歴な周りを比べてしまって自己嫌悪に陥ってしまうということですね
学歴コンプレックスで悩む人には個人差があり、一生悩み続ける人もいます
人生の中でも簡単な悩みではないのが学歴コンプレックスの辛いところです

学歴コンプレックスは学歴ロンダリングで解消されるの?

先ほども記述しましたが、学歴ロンダリングでは学歴コンプレックスは解消されません
個人差はあると思いますがほとんどの学歴ロンダリング経験者は解消されないと思っているはずです

というのも、大学院でいくら最終学歴を上げても、同じ大学院に通う学生と大学が違うため学歴コンプレックスを毎日感じてしまうからです
やはり一定数、学部の学歴を重要視している人もいますし、学歴ロンダリングを行った人自身も胸を張ってここが母校だ!!!という気持ちにはなりにくいんですよね

さらに大学院では自分の周りは基本的に同じ大学から大学院へ進学している人たちばかりです
そのため学部時代を共に過ごしていないこともあり、大学時代の人たちと比べてそこまで仲良くなれるというわけではないことから、微妙に疎外感を感じます

学歴ロンダリングで学歴コンプレックスが解消されたという人も中にはいるでしょうが、上記の点から中々学歴コンプレックスは解消されません

学歴コンプレックスを解消するために学歴ロンダリングをしようとするな

先ほど学歴コンプレックスは学歴ロンダリングでは解消されないと記述しましたが、僕自身、そこまで学歴コンプレックスはありません
は?と思うかもしれませんが
僕の場合、学歴ロンダリングを行った理由としては就職活動で有利に働かせようという思いからです

つまり、学歴コンプレックスで悩んでいたから学歴ロンダリングを行ったわけではないということです

確かに良い大学に行きたいという気持ちは高校生の頃からありました
進学校出身で周りは高学歴ばかりだった僕ですが、浪人しても第一志望の大学に合格できなかった時点で自分の能力の限界を知り、学歴コンプレックスに悩むのを辞めて大学生活を全力で楽しもうという考え方に変えたんですよね
大学では一生の友達もできましたし、学歴コンプレックスに悩まされずに全力で楽しんで良かったと今でも思っています

しかし奨学金を800万も借りていることもあり、大手の企業には就職したいという気持ちは昔からあったので、それなりに最終学歴を上げて就職を有利にしたいとは思っていました
そこで一番手っ取り早いのは学歴ロンダリングで、結果的に学歴ロンダリングも成功し、それなりに良い企業に就職することができました(平均年収750万くらいの企業です。これが良いのか悪いのかは人によりますが・・・)

学歴コンプレックスに悩んで何年も浪人したり、仮面浪人して大学を楽しめていなかったら現在の企業に就職できていなかっただろうなと思うと学歴ロンダリングをして本当に良かったと思います

学歴コンプレックスに悩むのはもったいない

この記事では、学歴コンプレックスをどうしたら解消できるかということは書いていません。というより、書けないんですよね
というのも、学歴コンプレックスの具合は人それぞれで違いますし、完全に解消するには自分が納得のいく大学に合格するしかないからです
ですので頑張って勉強して合格してくださいとしか言いようがないんです

ですが、学歴コンプレックスに悩むのはもったいないということは伝えたいです
大学というのは長い人生の中で様々な刺激を貰えるところです
その期間を学歴コンプレックスで悩みながら生活するのはあまりにももったいないと思いませんか?

正直わかっていても中々難しいところではありますが、割り切って自分の行ける大学に入学し、学歴ロンダリングをして就職を有利にする方が時間もお金も消費することなく済むはずです

まとめ

根本的な問題として、個人差はありますが、学歴ロンダリングでは学歴コンプレックスを解消することはできません
しかし、学歴コンプレックスを解消する目的ではなく、就職活動のために学歴ロンダリングを行うのは非常に効果的です

学歴コンプレックスで精神を消費するのはあまりにももったいないので積極的に学歴ロンダリングを行うのがおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です