【新入生必見】大学ぼっちを回避する方法を紹介する

大学生になったら、いっぱい友達作るぞ!(^^)

という方は多いですよね
実際、大学生活は4年間と長いです
友達がいなければ全く面白くないといっても過言ではありません

大学での友達というのは、一生の友達とよく言われます
というのも、大学は同じレベルの学力の学生が多く集まるので、価値観が似たような人も多いからでしょう
さらに高校生の頃までと違って、門限も無く、自由な時間を共に過ごすため、友達との思い出も多く作ることができます

1人でも多く友達を作っておくと、試験や研究室で助け合ったり、就活時に情報を共有できたりと、遊ぶ時以外でも得することばっかりです!

つまり
大学生活に友達がいないというのは、人生においてかなり損をするということです!

まして大学ぼっちは超人でない限りなかなか辛いですよ!

そこで今回は、大学生、特に新入生がぼっちを回避する(友達を作る)方法を紹介します!

新入生の集まりなどのイベントには積極的に参加しろ!

ほとんどの大学では、4月の初めに新入生が事前に仲良くなれるイベントが行われています

僕自身も、この集まりで仲良くなった友達とは大学を卒業し、バラバラに離れた今でも毎年旅行をするほど仲良い友達ができました

この集まりで一生の友達を作れ!というわけではありませんが一人でも仲良くなっておくとぼっちを回避できる可能性はグッと上がるはずです

積極的に参加しましょう!

サークルに入れ!

大学には色々なサークルがあります
気になる、興味のあるサークルの新歓には積極的に参加しましょう

新入生歓迎会では受け身でも先輩が話しかけてくれるので、近くに座っている新入生と話す機会があります
実際、新歓で出会った人とその日に友達になるのは難しいかもしれません
しかし、サークルに入れば活動を繰り返すごとに仲良くなっていきます

サークルは違う学部学科の友達を作るチャンスですよ!

入るサークルは1つだけじゃなくていい

サークルって、1つだけに絞らなくていいんです!
僕も2つ入っていましたし、多いときは3つに入っていました(結局続けられず2つになりましたが・・・)

入るサークルによって人も違うのでまた違った友達ができて楽しいですよ!

同じ学科の友達は絶対作れ!

これはぼっちを回避する方法というよりも心掛けですね

同じ学科の友達は文理問わず、4年間共に過ごすことが多いです
基本的に同じ授業ですし、同じ学科の友達がいないというのは大学生活がかなりしんどくなってしまいます
ですので、同じ学科の友達絶対に作りましょう。必須です

おわりに

友達というのは対等な関係です
試験時だけ助けてもらおうとする人は多くいますが、そういう人はいずれ嫌われてしまっても仕方ありませんし、友達とは言えません

Win-Winな関係というより、一緒にいて楽しい、助け合える存在を大学では作りましょう

そういう友達であれば、卒業した後も関係は途切れず、一生の友達でいられるはずです!

新入生は最初友達ができるか不安ですよね
でも受け身にならず、積極的に行動すればたいてい大丈夫です!

大学生活を楽しめることを祈っています

それじゃあ終わり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です